写真資料9-どんどん山での採集(001-7-1)

学校の南側を流れる玉川上水の向こう側に小高い丘があります(現在は法政大学付属中・高等学校がある場所)。

歩いてほど近いその丘を、明星では“どんどん山”と呼んでいました。

学校と周囲の森との間には柵も塀もなかったので、明星ではどんどん山も学校生活の場として親しんできました。

この写真のメモには「昭和10年代 ドンドン山で」と書かれています。

1935年頃でしょうか‥‥‥

生い茂る草の中でなにを探しているのでしょうか? 植物採集か、昆虫採集か‥‥

クヌギなどの古木もたくさんあって、豊かな動植物観察の場であったことが伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#写真 #小学生 #昭和10年代 #1935年ころ #夏 #どんどん山 #野外活動 #自然科 #学校周辺 #教育実践

写真資料6-暗い杉並木の通学風景(001-4-02)

通学風景。

創立間もない頃の写真と思われます。

御殿山東下の道、御茶の水から弁財天方向へ向かう辺りと推測されます。

太平洋戦争(第二次世界大戦)前はこの写真からもわかるように、井の頭公園内にはうっそうとした杉林が続いていたそうです。

これらの巨樹の多くは、戦争中に伐採されてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#1924年頃 #1920年代 #1930年代 #創立期 #児童 #写真 #学校周辺 #井の頭公園 #通学路 #通学風景 #学校生活 #小学校 #小学生 #森 #杉並木

写真資料3-創立期の校庭(001-2-1、001-9-1)

創立期のグラウンド。バスケットボールをする子どもたち。ゴールのそばには教員の姿もあります。

学校の周囲に塀はなく、地続きに武蔵野の林が広がっていました。

校舎側から西に向かって撮影した写真だと思われます。

001-2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001-9-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上2枚は同一写真ですが、焼き付けと保管状態で色味に差があります。)

#1924年 #1回生 #2回生 #3回生 #創立期 #グラウンド #校庭 #児童生徒 #学校周辺 #学校生活 #小学校 #小学生

写真資料1-森の中の創立記念写真(002-04-1)

明星学園の開校は1924(大正13)年5月15日。

当日は大雨でしたので、記念写真は翌日撮影されました。

1、2、3年生の21名の児童(1名は欠席)とその保護者、4人の教師が写っています。

撮影場所は学園敷地に続く林の中です。

 

 

 

 

 

 

創立記念写真(1924年5月16日撮影)

#1924年 #1回生 #2回生 #3回生 #創立者 #創立同人 #赤井米吉 #照井猪一郎 #照井げん #山本徳行 #創立期 #開校記念 #集合写真 #記念写真 #学校周辺 #保護者